ショッピングで利用出来る枠をお金に換える行為

お金に換える
最近、インターネットや新聞広告等で「クレジットカードのショッピング枠を現金化します」と言う言葉を目にする事が多くなっていると感じる方も多いと思いますが、このクレジットカードのショッピング枠の現金化とはどの様な物なのかを調べてみましょう。

本来クレジットカードにはショッピングの際の代金を後に支払う「クレジット機能」と、急に現金が必要になった場合の対応の為の「キャッシング枠」と言われる機能を持っており、それぞれの機能に対して利用できる金額が決められております。

このクレジットカードのショッピングに利用できるクレジット機能で決められている金額を「お金に換える」事をクレジットカードのショッピング枠の現金化と呼んでおります。

しかし、これらの行為はクレジットカード各社では禁止とされており、会員に加入される際の会員規約にも明記されております。

もしもクレジットカード会社側に知られてしまった場合には、クレジットカードの利用停止や契約の解除のみならず、契約者本人の債務を増やす行為に繋がってしまう恐れが有ります。

更にこれらの違反行為は、その記録がクレジットカード会社や、その審査機関に記録として残されてしまう為、新たなクレジットカードの利用申し込み時にも審査に通す事が出来なくなる等の大きなデメリットをして残ってしまう事になります。このクレジットカードのショッピング枠の現金化の仕組みを簡単に説明します。

クレジットカードは契約者の利用可能額が本人の年収等を元に決められておりますが、通常は契約者はその決められた利用可能額の範囲内で買い物を行う事が出来ます。

クレジットカードのショッピング枠の現金化は、このショッピング利用可能額の範囲内で申込者に買い物をしてもらい、買った商品を現金化業者に再び売る事で現金を手にする事が出来ます。

その際に手にできる現金は最初に商品を購入した際の金額の8割程になってしまうとされており、この差の2割が現金化業者の利益になっていると言われております。

しかもこの現金化業者が受け取る2割もの利益は、実は限りなくブラックに近いグレーであるとされている為、国としてもこの様な取引その物を認めておりません。

更に悪徳業者と呼ばれる中には、商品買い付けのみを行わせその後の現金の振り込みが行われないケースや、高額な手数料やキャンセル料等を要求して来るケース、顧客情報を「闇金」等に流してしまう等のケースも有ると言われておりますので、このクレジットカードのショッピング枠の現金化を行う行為はお薦め出来る物ではありません。

参照記事【クレジットカード現金化 業者

クレジットカード現金化の落とし穴――悪質業者の手口とは?

クレジットカード現金化の悪質業者の手口とは?

現金化業者 悪質
クレジットカード現金化は、カードを持っている人なら、誰でも今すぐにお金を手に入れられるという点で、非常に便利であるといえます。しかし、そういった現金化を行う業者の中には、悪質なところもありますから、注意しなくてはなりまあせん。とりわけ「アマゾンギフト券の買取を行う」という形でカード現金化をしている業者には、巧妙な手口でギフト券を買い叩いているあくどい連中もいます。

その手口は、まず自社のサイトに「最高98%」とか「98%保証」とか、高換金率を連想させるワードを載せておきます。クレジットカード現金化を考えている人なら、当然気になりますよね。しかしこういった悪質な業者を利用した場合、振り込まれる金額は、アマゾンギフト券の額面の10%程度であり、これが悪質業者の手口なのです。1万円分売って1000円くらいしか振り込まれないのですから、ひどいものですよね。

なぜ堂々と嘘をつくのか、それは許されることなのかと思われるかもしれませんが、これは法律的にはかなり「グレー」なのです。なぜ黒ではなくグレーなのかというと、悪質業者は、自社サイトに「利用規約」を掲示しており、そこに実質的な換金率を載せているからです。

98%という数値は、ギフト券1枚に適用される買取率であり、2枚目以降の換金率は15%です、などと書いてあるわけですね。彼らの言い分としては、書いてあるものをきちんと確認しなかった利用者が悪いというわけです。限りなく詐欺に近い行為、ワンクリック詐欺にも通ずる悪質な行為であるといえますが、そのように利用規約に示されている以上、騙されたほうはほとんどの場合、泣き寝入りせざるを得ません。

悪質業者に騙されないためには

現金化の口コミ
悪質業者に騙されないためには、その業者の利用規約をきちんと確認しておくこと、そして事前にクチコミ等をしっかりと調べておくことです。

利用規約を掲示しているからこそ、悪質業者のその商売はグレーとされていますが、実質の換金率が低いことをどこにも載せずに、高換金率を謳ってギフト券を搾取すれば、それは詐欺以外の何物でもありません。逮捕されて起訴有罪となる可能性もありますから、今の詐欺師はそのリスクを低減するために、必ずといっていいほど利用規約を掲示しています。ですから、利用規約を見れば、ほぼ100%悪質業者を見抜くことができるのです。ちなみにこれはワンクリック詐欺などでも同じです。怪しいサイトを開いてしまったときなどには利用規約を探してみてください。そこに料金のことなどが書かれていれば、すぐにページを閉じましょう。

さて、次にクチコミについて述べておきます。クチコミは非常に有益な情報であるといえます。とりわけその業者は悪質であるといったクチコミは役立ちますね。なんの被害にも遭っていないのに、その業者の悪い噂を流す人などいません。良い噂を流すサクラはいるかもしれませんが、その逆は絶対にいないのです。したがって、良い情報よりも、悪い情報のほうが信憑性が高いといえます。その業者について調べてみて、少しでも「詐欺」「悪質」というクチコミが出てきたのなら、そこは利用しないほうが良いでしょう。

ただし、換金率が思っていたほど高くなかった、というくらいで業者を詐欺呼ばわりする人もいますので、そのクチコミの内容はよく見るようにしてくださいね。悪質業者の数は少なくはないので、騙されないよう気をつけましょう。